再生可能エネルギーとして今注目を集めているニチガスのLPガス。

東日本大震災、それに伴う原発事故を契機に昨今では原発依存脱却
のためのエネルギー計画の抜本的な見直しがされています。
再生可能エネルギーの推進の一方で、社会経済を支える基幹エネルギー
としてガス体エネルギーが主要な役割を担うことが明らかとなっています。

同時に、これまでの大規模集中型エネルギー供給には限界があることが
明らかになり、分散型エネルギーに注目が集まっています。
ニチガスでは分散型エネルギーシステムを重視し、お客様へのガスの
安全・安定・安価な供給のための改革を進めて来ました。昨今のエネルギー
情勢の変化は、ニチガスの力を存分に発揮できる環境になってきたといえます。

ニチガスが扱うLPガスは、まさに分散型エネルギーといえます。災害時に強く、
ボンベを運べるところであればどこにでも供給出来ます。運びやすく個別に
分散しているため、他のライフラインに比べて災害時は復旧が早いです。
ボンベを運べるところならどこにでも供給できるので、山奥や離島など様々な場所にスムーズに供給できます。

このような特徴のあるLPガスが、分散型エネルギーとして注目されています。
ラインのいらないライフラインであるLPガスは、身近な暮らしのエネルギー
として全国の様々な場所で活躍しています。